2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
休業日
 

原材料・製法へのこだわり

取扱いが難しい「ポリエステル塗料」を使用することで、商品の質が劇的に向上

家具店で販売される家具に使用される塗料は、取扱いが比較的簡単な「ウレタン塗料」「ラッカー塗料」などを下地に使用していることがほとんどです。通常の塗料は、主剤(主な薬剤)に対して硬化剤(塗料を固めたり硬くする薬剤)を混ぜますが、例えばウレタン塗料の場合ですと、混ぜてから2〜3時間は固まることがありません。

私たちは、「ポリエステル塗料」を商品の下地に使用しています。ポリエステル塗料は、主剤に対して硬化剤のほかに促進剤を入れる「3液型」と呼ばれる塗料で、取扱いが非常に難しいものです。混ぜると、ほんの10分程度で固まってしまいます。また、ポリエステル塗料は燃えやすい性質を持っており、放っておくと火事になってしまう危険性もあります。そのため、生産性や効率性などの観点から、他の会社ではほとんど使用されていません。

私たちが取扱いの難しいポリエステル塗料をあえて使うのには、きちんとした理由があります。ウレタン塗料やラッカー塗料などで塗装を施した場合、「目やせ」といって木の材質が経年により凸凹になり、表面に歪みが出てきてしまいます。しかし、ポリエステル塗料の場合は違います。ポリエステル塗料を使うことで、目やせを防ぐ効果は数倍にも跳ね上がります。ポリエステル塗料を使用することで商品の質が格段によくなり、塗料ひとつで「塗膜」の強さが大きく変わってくるのです。

塗装の途中でポリエステル塗料が固まってしまわないよう、私たちは自社で特殊なスプレーガンを独自開発しました。また、通常、他社では塗装ブースは1個しかありませんが、私たちは自社工場で計4つ、ポリエステル塗料を塗るためのブースを使用しています。また、鏡面仕上げをするまでの塗装工程は、多くても通常3回が最大です。私たちはその倍以上である7回ほどの塗装工程を経て、ようやく完成となります。


メーカーと共同開発した塗料や、最高級品である「純銀」を使用するなど原材料にもこだわりを

流通している市販の塗料を使用していないことも、私たちのこだわりです。私たちが商品に使用する塗料は、塗料メーカーと共同開発を行ったものです。同じ「黒」であっても、気温や湿度などのデータを約10年間蓄積し、分析を重ねたうえで、商品に最も合う黒の塗料を開発し、使用しています。

また、高級感を際立たせる「金」や「銀」にも、徹底的にこだわっています。「K.TURA」の商品に施された金は、「純金色」と呼ばれる高級なものです。現在世の中にある商品で、純金色を使用しているものはほとんどありません。理由は、その価格です。アルミペーストに色を混ぜて金色にし、粉末状にしたものを「金」として使うのが一般的ですが、純金色の粉はその10倍ほど高いのです。

銀も同じく、こだわりの「純銀」を使用しています。こちらも、価格は通常のアルミの粉に比べて10倍ほど違います。こだわりの純金色、純銀を施した商品の輝きやその発色は、他とは比べものにならないほど優れています。

原材料や製法に徹底的にこだわり抜いた「K.TURA」の商品の数々は、お客様に必ずご満足頂けることをお約束いたします。

ページトップへ