2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
休業日


2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業日
 

こだわり

「チャレンジ精神」が失われつつある塗りの世界で、独自の技術でこれまで見たことがないものを創造

日本の伝統工芸でもある「塗り」の世界は、本来であれば日本が世界に誇れる技術です。しかし、長年塗りの世界に携わっている私たちからすると、業界全体の「チャレンジ精神」がなくなっているのではと、思わざるを得ない状況が続いています。

古くから塗りに従事する人々も、せっかく長年続いてきた技術を向上させる努力をしていないなど、「塗り」の価値が必ずしも高いとは言えなくなってきてしまっている現状は、非常に残念なことだと考えています。

仕事柄、漆塗りなどが施される仏壇や五月人形などの展示会に足を運ぶ機会がありますが、どれもほぼ同じような形や色合いのように見えます。ありふれたものではなく、同じ「塗り」の商品であっても「これまでに見たことがないようなものを作りたい」という想いが、私たちが商品を創造するモチベーションとなっています。

たゆまぬ努力で、「塗りの新たなる可能性」への飽くなき挑戦を続ける

私たちは1997年より漆器業界の塗装を始め、現在では筆記具や高級ブランド店の什器など、さまざまな商品の木工加工や、鏡面塗装に取り組んでいます。時には紙やコルクに鏡面塗装を施すなど、従来では考えられなかった手法で、お客様の期待以上の商品を創造すべく、努力を続けています。

一見すると「そんなことは不可能だ」と思えるようなご依頼であっても、そこで断ってしまえば、その上のレベルに到達することはできなくなってしまいます。私どもは、お客様からのご依頼を断ったことは一度もございません。他の会社様で断られてしまうようなご依頼でも、私たちの手にかかれば実現できます。

そのお蔭か、老舗メーカー様などからも「難しいものは栗原木工所さんに依頼する」と仰って頂く状況にございます。ひとつひとつのご依頼に真摯に取り組み、従来になかったものを生み出し続けることは、塗りの新たなる可能性を見出し、私たちの信用性と実績につながっていると自負しています。私たちは今後も塗りの可能性を信じ、飽くなき挑戦を続けてまいります。

こだわりの原材料や製法、「かつてない鏡面塗装」の技術から生まれた「K.TURA」

私たちは、徹底した「塗り」の技術を、これまで独自に開拓してきました。これまで見たことがない商品を生み出すために、他には真似できないこだわりを持って取り組んでいます。

この度誕生した自社ブランド「K.TURA」にもそのノウハウを活かし、すべてを映し込む「かつてない鏡面塗装」を施し、商品に希少性の高い純金色・純銀を使用するなど、これまでの経験を活かしたあらゆる技術を駆使し、お客様に「本物」の魅力を知って頂くべく、邁進してまいります。

かつてない鏡面塗装商品の特徴原材料・製法へのこだわり

ページトップへ